昭和62年に設立した建設大臣の指定を受けた財団法人、一般財団法人民間都市開発推進機構(MINTO機構)

コンプライアンスへの取り組み

基本的な考え方

民都機構は、都市開発に関する政策実施機関であるとともに、公的資金による金融機関であることを踏まえ、まちづくりのパートナーとして、常に事業者、金融機関の皆様に頼りにされる存在であり続けたいと考えております。

当機構では、役職員が、その業務遂行において法令等を遵守し高い倫理観に基づき良識ある行動をとるとともに、反社会的勢力等との関係の遮断及び不当要求等に対する拒絶など反社会的勢力等に対する適正な対応を行うなど、コンプライアンスに真摯に取り組んでおります。


コンプライアンス行動規範の策定

当機構では、コンプライアンスについて、各役職員の具体的な行動基準を示した、平成19年(2007年)12月に「コンプライアンス行動規範」を策定しました。
 《コンプライアンス行動規範


コンプライアンス推進体制の整備

当機構では、コンプライアンスについて必要な事項を検討するため、理事長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置しております。

また、役職員等が、コンプライアンス全般等について相談できる窓口として、総務部長を室長とするコンプライアンス推進室内にコンプライアンス相談窓口を設置しております。なお、相談への対応においては、相談者のプライバシーの厳重な保護を徹底しております。

 

PAGETOP