昭和62年に設立した建設大臣の指定を受けた財団法人、一般財団法人民間都市開発推進機構(MINTO機構)

まち再生出資業務

九州国際重粒子線がん治療センター【佐賀県鳥栖市】

印刷する まち再生出資業務実績一覧はこちら

本事業は、佐賀県の広域的地域活性化基盤整備計画の拠点施設として、九州および全国のがん患者が最先端の治療を受けることができるよう、九州初となる重粒子線がん治療施設を設置するものです。

地元企業等を中心とした出資とあわせ、MINTO機構の出資制度を活用し、事業の立ち上げ支援が行われました。

 

事業地 佐賀県鳥栖市原古賀町
民間都市再生整備事業計画認定日 平成24年10月5日
事業において整備される公共施設等 広場、緑地、道路
出資会社等 九州重粒子線施設管理株式会社
MINTO機構の
出資年月日
平成24年10月24日
出資額 1,300百万円
出資の形態 優先株式の取得