昭和62年に設立した建設大臣の指定を受けた財団法人、一般財団法人民間都市開発推進機構(MINTO機構)

まち再生出資業務

広島市中区富士見町地区フルサービスホテル建設プロジェクト【広島県広島市】



印刷する まち再生出資業務実績一覧はこちら

本計画が位置する紙屋町・八丁堀地区は、広島市立地適正化計画における都市機能誘導区域に指定されており、中国・四国地方最大の業務・商業集積地であるとともに、地域周辺には、世界遺産・原爆ドームや、広島城など歴史的・文化的な観光資源が多数立地しています。広島は国際知名度が高い一方で、大規模な会議場や会議参加者が宿泊するにふさわしい品質のホテルが不足しており、国際会議の誘致件数が伸び悩んでいる課題があります。

本事業は、大規模な国際会議を開催できるコンベンションホールや宿泊機能を備えた高品質なホテルを建設することで、国際的な競争力強化、都市機能の更なる発展を図ります。

不動産証券化のスキームを活用し、民間企業等の出資と併せてMINTO機構が出資することにより、地元投資家が長期的に事業を支援するまでの間の立ち上げ支援を行うこととしました。

事業地 広島県広島市中区富士見町11番4 他
民間誘導施設等
整備事業計画認定日
令和2年3月10日
事業において
整備される公共施設等
道路、緑地
出資会社等 富士見町開発合同会社
MINTO機構の
出資年月日
令和2年3月27日
出資額 1,500百万円
出資の形態 優先匿名組合契約に基づく匿名組合出資