昭和62年に設立した建設大臣の指定を受けた財団法人、一般財団法人民間都市開発推進機構(MINTO機構)

まち再生出資業務

(仮称)飯田駅前プラザ整備事業【長野県飯田市】



印刷する まち再生出資業務実績一覧はこちら

本事業区域が位置する飯田駅前は平成30年に中心市街地唯一の大型商業施設が閉店したことに伴い商業機能が低下し、来街者も減少するなど、かつての駅前の活力が失われている状況にあります。本事業は、民間の空きビルを活用し、公民館機能、賑わい交流機能、商業施設を導入した広域的な集客力を有する高次都市施設を整備することで、飯田市の中心市街地の活性化に貢献します。

MINTO機構の出資制度を活用することにより、事業の立ち上げ支援が行われました。MINTO機構は同市内の「トップヒルズ第2(飯田市橋南第二地区第一種市街地再開発事業)」、「りんご並木商業施設(りんご並木横丁)等整備事業」でも立ち上げ支援を行っており、本事業は同市内で3例目の「まち再生出資」活用事業となりました。

事業地 長野県飯田市東和町二丁目35番地 他
民間都市再生整備事業計画認定日 令和4年3月4日
事業において
整備される公共施設等
広場
出資会社等 飯田駅前プラザ株式会社
MINTO機構の
出資年月日
令和4年3月31日
出資額 18百万円
出資の形態 優先株式の取得

 

PAGETOP